2020年ごろから本格的にソロキャンプがブームとなり、現在も多くの人が自分に最適なキャンプギアを用意してソロキャンプを楽しんでいます。


それまでは、「キャンプ=家族や友人など大人数で」というイメージがあったので、「1人でキャンプ」ということに違和感を覚える人も多いかもしれません。

しかし、ソロキャンプは大人数でのキャンプとはまた違った魅力が詰まっています。

特に心が疲れてしまった時にとてもおすすめです。

この記事では、そんな「ソロキャンプの魅力と注意点」について解説していきたいと思います。

ソロキャンプの魅力

ソロキャンプとは、「1人を楽しむスタイル」のキャンプです。

テントの場所決めやテントの設営、何をして過ごすかや何を調理して食べるのかなど、すべて自分で決めて行います。

特に20代、30代の若年層に人気で、キャンプ場でも良く見かけるようになりました。

上級者ともなると、オートキャンプ場などといった人が多いキャンプ場ではなく、難易度の高い(不便な)キャンプ場をあえて選んで楽しむという人もいます。

ソロキャンプには様々な魅力が詰まっているので、1つずつ解説していきましょう。




誰にも気を使わない

キャンプというと、大自然の中でのんびりと過ごしたりアクティビティを行ったり、バーベキューをするなど非常に楽しいイメージがありますよね。

実際に家族や友人といった大人数でキャンプを行うと、非日常感たっぷりなシチュエーションを楽しむことができます。

しかし、同時に「人に合わせなければならない」というストレスを感じてしまう可能性もあります。

「精神的な疲れを大自然で癒したい」

「1人の時間を満喫したい」

そんなことを望んでいる人にとっては、少し物足りなく感じてしまうはずです。

しかし、ソロキャンプの場合には、まさに「1人きり」なので、誰にも気を使わずに自然にどっぷり浸かることができるのです。

葉が風で揺れる音や川のせせらぎ、鳥や虫の声などを聞きながら自分好みの料理を食べたり、コーヒーをゆっくりと味わえば、精神的にリフレッシュすることができるでしょう。




自分流キャンプをカスタマイズできる

近年のキャンプブームによって、キャンプギア(キャンプ道具)も数多く販売されるようになりました。

スノーピーク」や「コールマン」「モンベル」「ドッペルギャンガー」「ザノースフェイス」などの人気ブランドのギアは、それぞれ違った魅力があるものです。

「どんなキャンプギアを使って自分らしいソロキャンプを楽しむか」というのもソロキャンプの大きな魅力の1つと言えるでしょう。

例えばテント1つとっても、テントドームワンポールテントツールームテントソロテントなど実に様々です。

その他にも、テーブルチェアーシュラフグリルコンロ調理道具食器コップなど、かなり使用するギアは多かったりします。

そういったギアを1つ1つ自分好みの物にしていくことで、「カスタマイズしていく楽しさ」を味わうことができるのです。




精神的にリフレッシュできる

前述した「誰にも気を使わない」ということと被ってしまうかもしれませんが、1人ですべて自由に動き自然を満喫することで、「ストレスを発散させリフレッシュができる」というのが一番大きな魅力であると言えるでしょう。

現代は「ストレス社会」と言われるほどストレスを溜めやすい時代です。

心と体は繋がっているので、ストレスを溜めすぎると体にも不調が現れてしまいます。

日本人は頑張り過ぎてしまう我慢強い人種なので、心身が壊れるまで頑張ってしまいがちです。

そういった意味で、上手にストレスは軽減させることが重要なのですが、その方法の1つとして有効なのがソロキャンプなのです。

1~2ヶ月に1回など定期的にソロキャンプを行えば、リフレッシュをすることができるので、仕事やプライベートにも良い影響をもたらしてくれるはずです。




ソロキャンプの注意点

ここまでの解説で、ソロキャンプに大きな魅力が詰まっているということがお分かりいただけたかと思います。

しかし、特にキャンプ経験が少ない人は注意点も良く理解しておかなければなりません。

「1人で自由」というメリットがある反面、リスクもあるのです。

・怪我のリスク

・ランタンやコンロなど火のリスク

・異性に絡まれやすい(特に女性)というリスク

このように、1人ゆえに誰も助けてくれない状況であるため、何かトラブルが起きた時のリスクが大きいのです。

ソロキャンプに行くときには必ず家族に報告(行く場所や帰宅予定い日時など)をすることも重要ですし、救急グッズなどを持っていくことも重要です。

まとめ

今回は、「ソロキャンプの魅力と注意点」について解説してきました。

・誰にも気を使わない

・自分流キャンプをカスタマイズできる

・精神的にリフレッシュできる

ソロキャンプはこういった魅力があるので、特に心が疲れた時におすすめです。

「興味がある」という人は、ぜひキャンプギアを揃えて実際にソロキャンプをしてみてはいかがでしょうか?