近年「ミニマリスト」を実践する人がとても増えてきましたよね。

必要最低限の物だけに囲まれて暮らすミニマリストは、人間の幸せは決して物欲を満たすことではないということを知っているのです。

たくさんの物に囲まれた暮らしからミニマリストに変化させるには、価値観を変化させる必要があるので、意外と大変かもしれません。

しかし、多くの人にとって大きなメリットをもたらしてくれる暮らし方であるのは間違いないでしょう。

この記事では、そんな「ミニマリストになる為の考え方と無理をしない大事さ」について解説していきたいと思います。




ミニマリストになる方法

ミニマリストは、冒頭でも挙げたように、「必要最低限の物だけで生活をしている人のこと」です。ミニマリスト

似たような言葉に「断捨離」というものがあり、同じ意味で使われることもありますが、具体的には違いがあります。

断捨離は不要な物を捨てて物を増やさないようにするという行為であるのに対して、ミニマリストは街物を最小限にして暮らす人そのものを指します。

つまり、これからミニマリストという生き方をしていこうとするならば、まずは断捨離を行う必要があるということです。

断捨離は、一気に行うのではなく場所を特定して少しずつ行っていくのが良いでしょう。

一気に1日で行ってしまうと、「これからミニマリストとして生きていこう」という気持ちが一時的に高まりますが、継続できない可能性が高くなります。

2週間~3週間かけてゆっくりと断捨離を行い、ミニマリストの考え方(価値観)に変化させていった方が継続しやすいと言えます。

「今日はこの部屋の不要物を片付ける」

「今日はこの引き出しを片付ける」

このように場所を決めて断捨離を行う方法がおすすめです。

すべての部屋の不要物を捨てながら(もしくはリサイクルに出しながら)、ミニマリストの考え方を自分に染み込ませていきます。

具体的には以下のようなポイントを意識していきます。

今使っている物が古くなったら購入する意識を持つ

現代人の暮らしがなぜ物で溢れ返ってしまうのかといえば、単純に「いらない物を購入してしまっているから」だと考えられます。ミニマリスト

例えばマグカップが自宅にあるのにもかかわらず、可愛いマグカップを観た時に衝動で購入してしまうのです。

マグカップを同時に2つ使用することはまずないので、自分用とお客さん用(もしくは家族用)のマグカップがあれば新しいマグカップは必要ないはずです。

今使っている物に愛着を持ち、使えなくなるくらい古くなってしまったら新しい物を購入し古い物を捨てるという考え方にすることが重要だと言えるでしょう。




長期間使い続ける物を購入する

新たな物を購入する際、大抵の人は「衝動」によって購入してしまいます。

購入した時は物欲が満たされ幸福感を感じますが、その幸福感は長続きしないことが多いと言えます。

なぜならば、長期間使い続けられるものでない可能性が高いからです。

2~3日は新しい物を購入した喜びが続き幸福に感じますが、次第にあまり必要ではない物であると認識し、「なんで買ってしまったんだろう」と後悔してしまうこともあるでしょう。

そうならない為にも、購入する際は「長く使い続けることができる物なのか」を考えてから購入する習慣を身に付ける必要があるのです。

多機能な物を購入する意識を持つ

現代は非常に便利な物が多く販売されるようになってきています。

その中には、1つの使用用途ではなく、複数の機能が備わっている物も多かったりします。

分かりやすい物でいえば、加湿器や空気清浄機が挙げられます。

加湿器と空気清浄機を部屋の中に置くよりも、「加湿機能付き空気清浄機」を購入した方が部屋の中をスッキリとさせることができます。

また、「除湿機能付き」の物を購入すれば、夏場も活躍するはずです。

このように、複数の機能のついた物を購入するという意識を持つことで、自然に部屋の中の物を少なくすることが可能となるのです。

ミニマリストになる為には「無理をしすぎない」という意識が重要

ミニマリストは心と時間に余裕ができ、浪費することもないので経済的にもメリットが大きい暮らし方です。ミニマリスト

物が少ないので日々の掃除もしやすいですし、判断基準が明確になるので「必要or不必要」で迷うことも少なくなります。

しかし、無理やりミニマリストになろうと思ってしまうと、ストレスが溜まるというデメリットを負ってしまう可能性があります。

人の価値観や生活習慣は簡単に変えられるものではないので、振り幅が大きすぎると対応できなくなってしまいます。

その為、一気にミニマリストになるのではなく、少しずつ環境や価値観を変化させていくべきです。

実践するならば、必ず「無理をしすぎない」という意識を持ちながらミニマリストを目指しましょう。

まとめ

今回は、「ミニマリストになる為の考え方と無理をしない大事さ」について解説してきました。

・今使っている物が古くなったら購入する意識を持つ

・長期間使い続ける物を購入する

・多機能な物を購入する意識を持つ

・決して無理をしすぎないようにミニマリストを目指す

これらの考え方を実践することができれば、心と時間に余裕のある生活を送っていけるようになあるはずです。

ぜひ次の休みからでも、少しずつ断捨離を始めてみてはいかがでしょうか?