独身で一人暮らしの場合、どうしても寂しくて犬などのペットを飼いたいという人もいます。

しかし独身で一人暮らしの人が犬を飼うのはメリットもありますがデメリットの部分も多いのでそれなりの心構えがないと飼うのはおすすめではないです。

しかし犬がいれば自分の生きがいとなり、家族のようにかけがえのない存在になることも。

独身一人暮らしの人が犬を飼うのはどんなことなのかご紹介します。

独身一人暮らしで犬を飼うときの心得

犬と女性

犬と暮らし始めるのはとても楽しいことですがそれだけではないのです。

世話をする時間、飼育費用も考えなくてはなりません。

犬のご飯やトイレの世話と散歩の時間も必要になります。

犬の具合が良くない場合は病院に連れていくのに仕事を休まなくてはならなかったり、診察時間外の病院を探したりすることも大変なことです。

旅行や出張に行く場合はその都度預けなければならなくなります。

犬のお世話

犬の世話

子犬の場合は体調を崩しやすい環境になれるまでは留守にしないようにすることが大事です。

連休を利用して子犬を迎えたり、仕事の繁忙期以外でのお迎えのスケジュールにしたりして、はじめの1週間から2週間は少しでも長く子犬のそばにいるようにします。

留守をするときの環境

犬環境

仕事で家を留守にする場合はなるべく犬をゲージやサークルに入れるなどします。

脱走してイタズラしないように気を付けておきましょう。

見守りカメラなどを使うのもよいかもしれません。

また、エアコンなどの空調設備を使って常に室温を管理してあげることも重要です。

しつけをする

しつけ犬

子犬は歯が生え変わり始めると甘噛みをするようになります。

噛み癖がつかないためにもしつけをしとくようにしましょう。

ほかにも無駄吠えやトイレトレーニングなど。

成犬になる前にしつけをしっかりしておくことで覚えていきます。

預け先を確保する

犬預ける

犬を安心して預けられる場所を作っておくようにします。

信頼できるペットホテルや実家や友人など。

トリミングサロン、動物病院などでも預かりサービスをしている場合もあります。

動物病院の行きつけを作る

動物病院
かかりつけ医
子犬は免疫力も低いので病気になる可能性もあります。車や公共交通機関で行けるような「かかりつけ医」を決めておくようにしてください。




毎日のお世話のスケジュール

1.毎日の散歩時間

犬と散歩
犬によって運動量は違いますが、1日に30分くらい散歩をしましょう。

朝と晩の2回するのが望ましいです。

2.食事

犬の食事
成犬は朝と晩2回に分けてごはんをあげます。

時間は毎日だいたい時間でなれさせておくようにしましょう。

やむを得ずに長時間家を空ける場合は、自動給餌機を使うと便利です。

3.ケージの掃除

犬のケージ
飼育環境を清潔にしておくことは大事です。

毎日掃除するのがよいですが、できなければ2回から3回でも大丈夫です。

ペットシートはこまめに交換するようにして清潔にしておきましょう。

4.スキンシップ

犬とスキンシップ
犬と遊んであげたり、抱っこしてあげたりすることもとても大切なスキンシップです。

そこで犬との信頼関係やメンタル面を安定させることの意味があります。

ブラッシングのお手入れやお風呂に入れることも同じです。

一人暮らし・独身で犬を飼うメリット

犬を飼う

寂しさが紛れる

独身で一人暮らしをしていると、ふと寂しさがわいてくることも。

そんなときに犬がいるだけで寂しさが紛れます。

癒される

犬の癒し
仕事で疲れて帰ってきてもかわいい犬のしぐさに癒されることも。

生きがいになることも

犬と生きがい
自分が守るものができたことで生きがいを見出されます。

コミュニティが広がる

犬とコミュニティー
散歩をしていて近所の人に声をかけられたり、犬を飼っている人同士でコミュニティに入ったりすることもできます。