一人暮らしをしていて独身女性が猫を飼っているとどんなメリットやデメリットがあるのかなどをご紹介します。

独身の女性が猫を飼うメリット

猫を飼う
独身で一人暮らしをする女性は寂しいと感じる人も多いです。猫を飼うと新しい家族もできるので楽しい毎日に変わります。
家にいることの楽しみが増えることもあるのです。

心が癒されて温かい

猫は癒される
仕事で毎日忙しくして疲れてストレスを抱えてしまう人も多くいます。

ときには傷つき辛い思いをしているときもあるかもしれません。

そんなとき猫がいてくれると、かわいい仕草に癒されて心も温まります。

精神的にまいっているときも大きな助けになってくれる存在になります。

心が強くなれる

猫は強くしてくれる
自分が守るものがあれば心も強くなれます。自分のためだけに生きるわけではなく、自分がいなければ生きていけない存在があれば生きがいが生まれます。

そして強い人になっていけるのです。心が強くなれるだけではなく、優しい女性にもなれるきっかけにもなるのです。

散歩がいらない

散歩の必要がない
猫は犬のように散歩をしないで済みます。

いつも自由に行動している猫は留守にしていてもそんなに心配することもないのです。




独身女性が猫を飼うデメリット

猫のデメリット
独身女性が猫を飼うのにはメリットも多いですがデメリットもあります。

猫中心の生活

猫中心の生活になる
猫を飼うには長い期間責任をもって世話ができるかどうか充分に検討する必要があります。

猫の寿命は15年から20年なのでどのように付き合っていくのかも考える必要があります。

お金がかかる

お金がかかる
猫を飼うにはお金がかかります。猫をペットショップで買えば20万円以上することもあります。

また、食事とトイレの世話や猫グッズ、病気になれば病院にかかる費用は高額です。

買い始めたときには予防接種や去勢・避妊手術の費用もかかってきます

長期間の外出ができない

外出長期ができない
猫がいると長い期間は家を空けられないというデメリットがあります。

長期間家を空けてしまうと餌や水など様々なことが放置されてしまうのです。

また1日世話をしないだけでもストレスで病気になる猫もいます。

長期家を空ける場合はペットホテルなどに預けるようにしましょう。

部屋に傷が多くなる

部屋に傷
猫を飼っていると壁やソファー、フローリングなどに傷がついてしまうことがあります。

事前に保護シートを貼るなど猫の習性である爪とぎを防ぐグッズを用意して対策しておきます。

トイレの臭いがある

トイレの臭い
猫の排泄場所の臭いが鼻につくことがありますが、今では臭いがでにくい砂などもあるので対策しておくようにしましょう

毛が抜ける

毛が抜ける
猫の毛は抜ける時期があるので衣服についてとれにくくなることがあります。

たくさんつくと洗濯してもとれにくいのでお気に入りの服では注意が必要です。




猫と暮らすために必要なもの

猫必要なもの

〇キャリーケース
〇ケージ
〇爪を研ぐもの
〇キャットフード
〇餌・水入れ
〇トイレ

キャリーケースは猫を外に出す場合に必要になります。病院や公園などに行く場合など。

ケージは猫が入るおりになります。

家を空ける場合や猫の身を守るために持っていると安心できます。

猫の爪を研ぐグッズも用意しておかないとソファーとかやってほしくないところでされてしまいますので必ずあるほうがよいでしょう。

餌・水入れは用意しておくようにします。人間が食べるものを与えないように注意が必要です。

栄養のバランスを考えたものをあげることが猫の健康につながります。

猫のトイレはしつけをして覚えさせておきます。

専用のトイレの場所も決めておいて臭いがきつくて困るところにならないようにしておきます。

トイレも臭いが出ないようなものを探しておくことで対処できます。

必要なもの