嫉妬は人間特有ではない

嫉妬は人間の持つ特有のものと思われがちで、そう思われている理由は、嫉妬などの複雑な感情の認知機能は、人間の社会活動や組織形態などに大きくかかわっているので、そのため”嫉妬 ”人間特有の感情と思われがちですが、実は、縄張り意識が強い”犬 ”にも、「嫉妬}の感情があることがわかっています



犬の嫉妬やヤキモチの特徴

犬が嫉妬やヤキモチをやく行動として、わかりやすいのが

1.うなる
2.明らかに不機嫌な表情をする
3.別のところに行く
4.突然その場で、おしっこをしてしまう
5.その対象者との間に入ってくる

などの、いつもとは違う行動をします。
一見、喜んでいるようにも見えたりしますが、違う場合あります。
上記のような行動は、すぐに収まる場合は良いのですが、対象者に対しての攻撃や、自分の体を傷つける行動、または、ソファーや物を壊すなどにも発展しやすいので、ご注意く
ださい。




犬の嫉妬をする一番の理由は

犬の嫉妬やヤキモチの行動は、犬という「種」が、群れ(組織)を作る習性からくるもので、自分と他の者が、主人から見ての優先順位を競っていて、その恐れからくるものとも考えられています。 
自分の飼い主の次が、自分の順位(序列)で、その下の者が飼い主に近づくのを阻止しようとします。
その時に「吠える」という行動(不安・怒り)に出たりもしますので、その瞬間がわかりやすいです。




犬の嫉妬への対処方法

まず、犬が上記のような行動に出たら、何に対して嫉妬しているかを見定めることが大切です。人に対してか、それ以外か。
犬同士であれば、その対象の犬を可愛がった後に、自分の犬を可愛がることを忘れないようにしましょう。
そうすることで、序列(順位)が保たれたことを確認させて、犬のプライドを守って上げてください。




犬の飼い主への思いと愛情表現5選

1,大好きとという表現

尻尾を振って近寄ってくる姿は、本当に愛らしくて可愛いですよね。
出先から帰ってくると、尻尾を振りながら駆け寄ってくる姿に、癒されます



2,遊んでほしい時

前足で乗りかかってくるような仕草は、遊んでほしい時に行う仕草ですので、全力で遊んであげてください。



3,甘えたいときの表現

足にすり寄ってくる仕草は、甘えたいときの仕草で、散歩などに連れていくなど、遊んであげてください。



4,おなかを見せるとき

犬の弱点であるおなかを仰向けで見せるしぐさは、飼い主を信頼している証拠です。
優しく触れてあげてください。




5,じっと見つめてくる

飼い主を心配しているときなどにも起こる仕草ですので、怒っているときや、心配事があるときなどでも、やさしく見つめてあげてください。



犬の理解度とは

犬は、人間と同じように言葉を理解するプロセスがあるという。
例えば、「おりこうさんだね」とほめてあげた時には、その言葉と飼い主の表情や、なでてくれる仕草などで判断して、行動の理解をしているようですので、ほめる時には、思いっきり褒めてあげてください。




飼い主の勘違いすること

1.犬の物を取り上げる行為
人間の場合には、同じものをお互いで共有するという事ができますが、犬の場合には、しつけにもよりますが、自分のものは誰にも渡したくないという傾向がありますので、無理に、犬のお気に入りの物は取り上げないようにしましょう。
2.抱きしめる行為
犬は4本足で立っているので、両足で抱きしめるということが苦手です。
そのため、抱きしめられるということが苦手な犬が多くいますので、さすって上げるようにしましょう。
好きな犬もいますけど
3.人を家に招く行為
犬は、習性で自分のテリトリー(縄張)意識が強いので、新しく見る人や、同じ犬や他の動物などに異常な警戒をする場合がほとんどです。
吠えたりするなどの行為がありますが、理解してあげてください。
4.庭が大きくても散歩は必要
犬は、飼い主に甘えたい感情が多くある動物ですので、庭が大きいから散歩は不要ということではなく、一緒に歩くという行為を犬達は求めていますので、一緒に散歩をしてあげてください。
5.家でできても外でできない事
家で躾ていることが、外でできない事があります。
例えば、「お座り」と家で言えばお座りしても、外でできない場合などは、犬は家での環境(リビングなど)と、飼い主の表情や、喜ぶ姿などで判断している場合が多いので、外の違う環境で同じ支持をしてもわからない場合があります。
その時には、色々場所を変えても、同じ情報での支持を行うようにしてあげてください。
そうすれば、どこでもできるようになります。

犬との絆

犬との絆を深めるには、常に目を見て、アイコンタクトをするようにしましょう。
飼い主を信頼している犬は、じっと目を見つめます。
もし、目を見つめることをしないようでしたら、まだ信頼関係ができていないので、まずは信頼関係を得るためにも、常に目を見て話すようにしましょう。




犬の嫉妬やヤキモチへの対処方法や愛情表現についてまとめ

犬たちはしゃべることができませんので、仕草などで理解してあげなければないけないので、常に愛犬の表情や仕草に注意してあげて、思いが伝わった時には、思いっきり褒めてあげて、遊んであげて、信頼関係を深めてください。