暑くなってくると肌の露出も増えるのでダイエットを急ぐ人もいます。あまり過酷なダイエットをするのはきついという人には簡単に痩せられるダイエットがあればとても魅力的です。

どんなダイエットで簡単に痩せられるのかを見ていきましょう。

太った原因を理解する

自分が太った原因をよく考えてみましょう。思い当たることをすべて書いてみて、原因がわかればどう変えていくか考えていきます。痩せる目標体重も明確にしておきます。
太る原因

日常の習慣の見直し

朝起きたら白湯を飲む

肥満

食事はよく噛んで食べる

よく噛む

水を1日2リットルくらい飲む

水を飲む

お風呂では湯船に入るようにする

お風呂に入る

姿勢よくする

姿勢を整える

睡眠の質をよくする

睡眠を良く

続けられるダイエットをする

急なダイエットで食事制限やジム通いなど短期で減量することは不可能ではないです。

しかし維持することで成功になるのでリバウンドする可能性もあります。

極端に食事制限をしてしまうと栄養失調になったり、体調を崩したりする場合も。無理がない方法で続けられるダイエットがおすすめです。




1.ウォーキングダイエット

ウォーキング
呼吸を意識したウォーキングで歩くリズムに合わせながら深呼吸をする深呼吸ウォーキングを実践してみてください。

歩行+呼吸のリズム運動の組み合わせになっています。歩くだけでいいので簡単で誰にでもできます。

2.姿勢を意識する

姿勢
ダイエットをするためには運動以外にも大事なことがあります。

背筋を伸ばした市政をキープする筋トレの方法です。

肩を後ろに引いて背筋を伸ばしてお腹はへこませて引き上げます。

あとはお尻を閉めるだけでいいのでとても簡単です。背中を丸くしていると太る傾向にあるので姿勢を意識するとよいでしょう。

3.食事の見直し

食事
運動していても食事がドカ食いだったらなかなか痩せることはできません。

食生活はとても重要なことになってくるので、年齢や運土強度に合わせて食事も見直していきます。運動と食事がうまくいけば効果が表れやすくなるので続けられます。

リバンドにつながるのは極端な食事制限なので気を付けるようにしましょう。栄養バランスを考えたものをとるようにします。

4.腸内環境を整える

腸内環境
腸内環境を整えるようにすることもダイエットには効果があります。

腸内細菌が活発に働いて活性化すると、代謝が高まり、食欲が抑えられる効果が期待できます。腸内細菌のエサの食物繊維をとることが大事になり、乳酸菌やビフィズス菌などの生きた微生物をとりいれるようにしましょう。

ヨーグルトと水溶性の食物繊維が豊富な玉ねぎを一緒に摂取できる玉ネギヨーグルトは腸内フローラを整えてくれます。

薄くカットした玉ねぎをレンジで温めて辛みを飛ばします。ヨーグルトと塩を加えて一晩奥とそのまま食べてもよいし、料理にアレンジしてもよいのです。

5.腹式呼吸

腹式呼吸
お腹を膨らませたり、引っ込めたりして腹式呼吸をするのもダイエット効果が期待できます。

お腹を動かすよりも息を吸うのを意識すると効果的で、鼻からゆっくり息を吸ってお腹を引っ込めます。

息を吐くときにお腹を少し膨らませるようにします。

6.プチ断食

断食プチ
プチ断食
プチ断食は食事の間隔を16時間くらい最大2日間開けて胃腸を休ませます。

プチ断食でも何も食べないわけではありません。

ヨーグルトやスムージーなどのそしゃくしない水分や塩分は摂るようにしましょう。

7.なるべく歩く

なるべく歩く
自宅やオフィスではなるべくエレベーターではなく階段を使って歩くことがおすすめです。

コツコツにはなりますが毎日歩くだけで自然な形でエクササイズができていると考えると簡単でとても楽な方法です。

わざわざ運動をしに行かなくてもいいので時間の節約にもなります。