老化抑制薬と物質

老化や寿命など人間の健康そして長生き寿命などに焦点を置いて、Googleも会社を作り、この問題に取り組んでいて、老化を遅らせる・若返らせる研究が世界中で行われていて、
注目されているのが、メトホルミン・ラバマイシン・レスベラトールという薬や物質です。

メトホルミン

メトホルミンは60年前からある、糖尿病の薬で2型糖尿病の患者に処方されている糖尿病治療薬で、副作用等も少ない安全な薬として知られている。
2007年に、イギリスのマイケル・パロック博士が、メトホルミンには癌細胞の成長を遅らせる効果があると学会で発表しました。
老化改善
博士によると、癌だけではなく、老化も遅らせることができるとしているが、アメリカのFDAは、老化は病気ではないとの認識のため、臨床試験等は行われず、老化の予防薬や老化の改善薬などとして販売されるためには、多くの時間がかかるとしている。

ラパマイシン

臓器などの移植をした際に拒絶反応を抑えるための免疫抑制剤であるラパマイシンが、細胞老化SASPによる免疫低下などを改善するとして、マウスなどの実験でも寿命をのばす効果がみられたとし、人間に対しても期待されているが、そのための実験方法がまだわかっていないという。
細胞老化

レスベラトロール

レスベラトロールは抗酸化作用を持つポロフェノールの一種で、赤ワインや黒ブドウの皮、ピーナッツの薄皮、ダークチョコレートなどにも含まれ、カロリー制限をすると活性化するという長寿遺伝子へ働きかけ、寿命をのばす効果があるとされています。
しかし、薬用量のレスベラトロールをワインから摂取するためには、相当量飲む必要があるため、まだ実用化されるには時間が必要です。
ポリフェノール




若い血には老化した細胞を復活させる力がある

GDF11(Growth Differrentiation Factor 11)という老化を遅らせる物質が、若いマウスの血中に多く含まれていて、脳神経や筋肉の再生に大きな影響を与えていることが分かったと、ハーバードの細胞研究チームが発表した。
GDF11は、年齢と共に減少する物質で、体内で生成されるタンパク質の一種です。
若い血液
この若返り物質(GDF11)を初めて証明した研究チームに続いて、スタンフォード大も実験を行っていて、若いマウスから採取した血漿(けっしょう)を老化したマウスに注入するだけで、記憶能力の向上が見られたとしています。

若い血液の持つ再生能力は、筋幹細胞や肝臓、脊髄、脳細胞などへの再活性化の効果や、加齢による心肥大を抑制することも明らかにされています。

また、持久力なども向上したことで、筋肉量を調べたところ、2倍に変化していることもわかり、アルツハイマー病や心臓病・糖尿病・ガン・などの治療にも役立つと考えられていますが、何故GDF11が年齢と共に減少していくかのという事が判明していないため、副作用なども含め、実用化はまだ先であるとしています。




運動と老化の関係

老化と運動の関連性を調べた研究が発表され、多種の運動が細胞の老化を遅らせる効果があるとされ、細胞は年齢よりも若いので、運動をすることにより、何歳からも筋肉の増強は可能と判明しています。
しかし、人間の体の細胞の年齢を決めることはできないため、多くの科学者は「細胞のテロメア」の長さを測って、細胞が今後どれくらい機能するかを予測しています。

このテロメアは、DNAの端にあるキャップのようなもので、細胞が分裂すると、テロメアも短くなっていくので、テロメアが短いと、持ち主は年を取っていると判断できるとしています。

テロメアの減少を遅らすことができるのが運動で、一つの運動ではなく、多種の運動が、テロメアの減少速度を遅らせることが判明しています。
テロメアの減少は加齢だけではなく、肥満や喫煙・糖尿病などでも減少していくこともわかっています。




人間の寿命は何歳か

バイオテクノロジー企業GEROの研究で、人間の寿命は120~150歳が限界という研究結果が発表されました。
データは健康な20歳から80歳の歩数データと血液データを調査しました。
研究チームは、上記の情報より、ストレスからの回復力と年齢との関係を、以下のグラフにし、縦軸が回復力、横軸が年齢にしました。
このグラフから、人間の回復力は120~150歳で失われ寿命の限界を示していると結論付けました。
(参考データ:https://www.nature.com/articles/s41467-021-23014-1
寿命




太っている人が長生き「肥満パラドックス」

肥満の人より、痩せている人の方が長生きすると考えている人が多くいると思いますが
肥満の人が長生きするという研究があり、それは「肥満パラドックス」と呼ばれ、肥満パラドックスは、肺炎・ガン・心臓病などからも体を守っているという研究者も多くいます。
参考文献
肥満パラドックス
ノースウェスタン大の研究によると、成人で正常体重の糖尿病患者は、同じ糖尿病患者ですが、太りすぎで肥満の患者と比べてみると、正常体重の患者の方が、死亡率が高かったことで、肥満パラドックスは確かに存在するという事がわかったとしています。

また、アメリカの疾病予防管理センターの研究チームが、数百の死亡率を調べたところ、死亡率一番低いのが、BMI(Body Mass Index)の18.5~35までの肥満度1~2の人々だということが、わかりました。

痩せているから健康という事も無いようですが、では健康とは何かという事になってきますが、やはり前述したように、適度な運動を取り入れることが健康や長寿にかかわっていますので、しっかり食べて、しっかり適度な運動することが一番なのではと思われます。




身体によい適度な運動と新陳代謝

適度な運動とは週に150分の運動とされていますが、具体的には、1分から2分程度歩いて、その後30秒から60秒を早歩きするというパターンを10~15回繰り返すと効果的だということです。
新陳代謝を上げるために良いことは
1.コーヒーを飲む
カフェインが心拍数を上げることで、新陳代謝の促進になる。
2.冷たい水を飲む
人間の体は37度に保たれているので、冷たい水が身体を冷やし体温が下がると、体温を元に戻すことで新陳代謝が良くなる。
3.朝食でカロリーをしっかり取る
朝食でカロリーの低い食べ物を取るより、1日の摂取量の50%のカロリーを朝食で摂取することで、1日の新陳代謝を高く保てるといわれています。
4.緑茶
緑茶は新陳代謝に良い効果があり、1日3~5杯の緑茶を飲むことで、体重の減少にもつながる
5.筋肉を鍛える
重いウェイトで、ゆっくり運動することで、筋肉を破壊して新陳代謝を加速させる。

若返りと老化そして寿命まとめ

老化は自然の流れですが、老化を感じた時点で、誰しも若返りたいと思います。
これからの科学の発展に期待をしながらも、日々ちょっとした運動や、食事にも気を配り、ストレスのない毎日を、楽しく生きることが、長寿につながるのでは (#^.^#)