ひょうきんなキャラクターで高い人気を誇る具志堅用高さんですが、実はプロボクサーとしては伝説級の実績のある人なのです。

元ライトフライ級の世界王者であり、13回もの防衛に成功しています。

沖縄の人達からは今も英雄として称えられ、沖縄出身有名人として老若男女問わず知られている存在となっているのです。

この記事では、そんな沖縄出身有名人「具志堅用高」さんの経歴と魅力について解説していきたいと思います。




具志堅用高さんのプロフィール

生年月日:1955年6月26日(67歳)

身長:162㎝

血液型:A型

出身地:沖縄県石垣市

所属芸能事務所:太田プロダクション

ボクシングプロ戦績:23勝1敗(15KO)

大田プロダクションより

ボクサーとしての凄さ

それではまず、具志堅用高さんのボクサーとしての凄さを挙げてみましょう。

特徴的なアフロヘアは、圧倒的な戦績を収めるのです。

サウスポーのファイタータイプ

具志堅用高さんは、実は高校で野球部に入部したかったそうですが、身長が足りなかったこともあってボクシング部に入部することになります。

この時もしも野球部に入部していたならば、その後の伝説は作ることができなかったことでしょう。

右利きでありながらボクシングではサウスポースタイルで戦い、積極的に前に出て打ち合うようなファイターでした。

人一倍怖がりな性格であり、怖さを紛らわすために打ちまくったと言われています。

石垣島で裕福とはいえない暮らしをしてきたことも打ち合いの我慢強さに影響しているはずです。

沖縄返還後すぐにプロデビュー


順調にボクサーとしての実力を身に付けていった具志堅用高さんは、沖縄が返還された2年後の1974年にプロデビューします。

しかし、デビュー戦から華々しい勝利を上げたわけではなく、デビュー戦はのちの日本王者となる牧公一選手に何とか判定勝ちを収めます。

4ヶ月後に再び牧選手と闘うも、やはり判定までもつれなんとか判定勝ちを収めます。

その後ジュニアフライ級(現在のライトフライ級)が新設されたことでようやく本領を発揮していきます。

一気に世界へと駆け上がる

デビュー後の2試合はインパクトのある結果は残せなかったものの、ジュニアフライ級に移ってからは圧倒的な強さを発揮していきます。

日本ランカー相手に4連勝(3KO)し世界ランク10位になると、世界ランク3位のセサール・ゴメス・キー選手(当時14戦全勝の強敵)にもKO勝利を収めます。

これによって世界王座の挑戦権を得て、絶対的王者ファン・ホセ・グスマン選手に挑戦します。

この戦いで7回KO勝利を収めると、当時国内最短となる9戦目での世界王座を獲得したのです。

沖縄のイメージUPの立役者に

沖縄県出身者として初の世界チャンピオンになったことで、日本における沖縄のイメージも徐々に良くなっていきます。

世界チャンピオンになる前は、沖縄出身というだけでアパートも借りにくかったそうですが、チャンピオンになってからはアパートも借りやすくなったり、就職活動もしやすくなったと言われています。

また、沖縄のイメージが大きくUPしたことで、新婚旅行で沖縄を訪れるカップルも急激に増えたそうです。

当然のことながら、沖縄の人にとって具志堅用高さんは英雄のような存在となっていきます。

石垣島には、具志堅さんのモニュメントもあります。英雄です

Photo 石垣島ツアーズより




世界王座13回防衛で日本ボクシング界の英雄へ

具志堅用高さんは、その後沖縄の英雄ではなく、日本ボクシング界の英雄になります。

なんと13回も世界王座を防衛したのです。

その13回の中には、7連続KO勝利もあり、まさに圧倒的な強さを誇ったのです。

13回連続防衛を果たすも14度目の防衛戦で敗戦し、網膜剥離寸前に陥ったため惜しまれつつも現役を引退します。

現役引退後は解説者やタレントとして活躍、ジム経営も

引退後は解説者として活躍していましたが、2010年からは太田プロダクションと契約し、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』で人気が爆発します。

Photo by スポニチ

その天然で明るいキャラクターは世間からの印象も良く、一気に人気者となっていったのです。

現在の若者は、ボクシングのイメージではなく、いじられ役としての具志堅用高さんしか知らないかもしれません。

会長を務めていたジムでも、比嘉大吾選手がWBCフライ級の王者になり、後進の育成でも成果を出したのです。

2015年には国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門に選出されました。

2022年5月に行われた沖縄本土復帰50周年記念イベント「HAPPY OKINAWA FESTA 2022」にも出演するなど67歳になった現在も精力的に活動を続けています。

まとめ

今回は、沖縄出身有名人「具志堅用高」さんの経歴と魅力について解説してきました。

具志堅用高さんは、世界王者であり13回の防衛記録を持つ最高のボクサーでありながらも、誰からも好かれる人柄でいじられ役として引退後も活躍しています。

ユーチューブなどでは、現役の試合などが観れるので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?