面白い知ってて得しそうな雑学・季節おもしろトレンド情報を配信!知り得情報ピックアップ・トレンド・ライフなど面白情報配信中!

新型コロナ治療薬の飲み薬(経口薬)について日本の新薬開発最前線!海外も

新型コロナを薬で治す日本の研究最前線がこれだ

神戸大学感染症センターでは、新型コロナウイルスの最新情報を常にアップデートしながら、森康子教授(ウイルス学者)の元、新型コロナの治療薬開発に挑戦している。

その内容は、ウイルスの増殖を抗体で抑える薬とのことで、その名も「抗体医薬」という。

人間は、ウイルスに感染すると、そのウイルスへの抗体が作られる。

抗体でも色々な種類の抗体が作られるようで、その中でも「中和抗体」という抗体がウイルスの働きを抑える大きな力があり、その中和抗体を血液中から抽出することができれば、点滴などで投与できる治療薬になるという。

その内容は、ウイルスの増殖を抗体で抑える薬とのことで、その名も「抗体医薬」という。

人間は、ウイルスに感染すると、そのウイルスへの抗体が作られる。

抗体でも色々な種類の抗体が作られるようで、その中でも「中和抗体」という抗体がウイルスの働きを抑える大きな力があり、その中和抗体を血液中から抽出することができれば、点滴などで投与できる治療薬になるという。

森教授は、新型コロナの第一波以降から、感染した患者の症状や、その抗体を研究し続けてきた。

 

森教授いわく「人は感染して回復することにより、今度は感染で困っている人を助けることができる抗体を自然と出している」ということが、人とはすごいなと思う。とのことで、感染して回復した人の持つ「抗体(中和抗体)」のすごさを語っている。

この抗体の、血液を遠心分離器にかけて、血清と血球に分けて、その血清の中に「中和抗体」が含まれている。

 

その血清の中に含まれる抗体の「抗体の価(量や強さ)」などは、軽症(無症状などを含む)で回復する人よりも、重症から回復した人の抗体の方が、力が強いらしく、感染した人の症状によっても変わってくるとのこと。

 

そのため、何度も多くの血清からの抗体抽出を繰り返して、より強い抗体の抽出研究を進めているとのことでしたが、森教授は、今まで各種(他のウイルス)の感染物質を発見してきており、新型コロナについても、今までの経験上、「中和抗体」での治療薬開発は可能であるとことです。

新型コロナの肺炎を抑える飲み薬を東北大学が開発。

新型コロナによる肺炎の重症化を防ぎ、後遺症を軽減する可能性が有るとのことで、新型コロナの治療薬は今まで、点滴や注射による投与でしたが、この薬は、飲み薬(経口薬)であるため、自宅待機やホテルなどでの待機患者への服用が可能のため、医療崩壊を防ぎ、医療従事者の負担を軽減への期待が大きい。

すでに臨床も終えている薬ですので、早ければ2年以内の実用化を急ぐとのことです。

海外の治療薬(経口薬)最前線は

アメリカのファイザー製薬が開発中の飲み薬(経口薬)は「PF-07321332」と呼ばれていて、すでに臨床試験を開始していて、5月末ごろには終了を予定している為、年内には一般市場への物流が開始される可能性がある。

ファイザー製薬が開発している経口薬は、「プロテアーゼ阻害薬」という種類の薬で、新型コロナに感染した患者の細胞で作ら、増殖していく「プロテアーゼ」の働きを「阻害」し、増殖を防ぐ働きをする薬で、感染の予防であるワクチンとは違い、新型コロナに感染した初期の患者に投与する薬になります。

ワンクリックご協力お願いします
↓↓

トレンドニュースランキング

 

 

 

 

ファイザー製薬は、進行中の臨床試験が順調に進めば、2021年7月中に、すべての臨床を終えて、2021年秋ごろには、病院にての処方投与が行われる可能性があるとのことです。



関連コンテンツ