わいわいトレンディ

面白い知ってて得しそうな雑学・季節おもしろトレンド情報を配信!知り得情報ピックアップ・トレンド・ライフなど面白情報配信中!

仕事中に音楽を聴くと処理能力はどうなるのか

time 2020/03/14

仕事中に音楽を聴くと処理能力はどうなるのか

sponsored link

仕事中や移動中などの様々な場面での音楽の効果は

仕事や勉強中に音楽を聴くと、仕事の効率や集中力・生産力が向上する」というような話を聞きますが、それは人によっては「音楽が流れていると集中できない」と言う人もいて、音楽はどのような影響をもたらすかを研究した分析情報があります。
(研究機関:米:ニューヨークバルーク校・ニュージャージー ラスガース大学)

音楽の効果の研究課題

上記の研究機関だけではなく、昔から音楽が仕事やスポーツ・勉強にもたらす影響について研究されていますが、その方法は、一定の動作のみと、一定の音楽にて行われていました。
そこで、上記の研究機関は、音楽の種類(テンポ・楽器の種類・演奏パターン)などを変えて、研究課題動作についても、複雑な課題や、簡単な課題などに分け、その課題にも数種類の音楽を聴くなど、様々なパターンにて、研究を行いました。

研究結果

まず、簡単な課題の実験では、簡単な音楽を聴いているgroupと、聴いていないgroupでは、生産性などでの違いは出ませんでした。
次に、簡単な課題で、楽器数やテンポなどで、複雑な音楽を聴いたgroupと聴かないgroupでは、複雑な音楽を聴いたgroup:の方の生産性が向上しました。
これは、簡単な課題を与えることでの、長時間の集中力という面では、複雑な音楽を聞かせる事により、逆に集中力が増したと考えられます。

また、複雑な課題を与えて、音楽を聴くgroupと聴かないgroupでの研究結果は、複雑な課題を与える場合には、音楽を聴かないgroupの生産性が向上しました。
これは、複雑な課題の為、集中力を課題に集中させなければいけい状況で、集中力が分散しない無音状態の方が、生産効率は上がると考えられます。

まとめ

上記の研究結果をまとめると、単純な作業を長時間続ける場合には、ちょっと複雑な音楽を流すことにより、集中力が高められて、生産効率が向上することが分かりました。
逆に、複雑な課題を与えている場合には、無音状態にした方が生産性は上がると考えられます。
しかし、上記は、その人の感受性や性格等でも変化すると思われますので、上記を踏まえて、その人に合ったポイントを探して、準備する事が大切と考えられます。

ワンクリックご協力お願いします
↓↓

トレンドニュースランキング

sponsored link









sponsored link