満島ひかりさんと言えば、『UQモバイルのCMに出ている女優さん満島ひかり UQモバイルのCMに出ている女優さん 』というイメージを持つ人もいれば、『Woman満島ひかり Woman 』の名演技が強く印象に残っている人もいるでしょう。

この2010年代を代表する女優さんであると同時に、演技はゆえに今後のさらなる活躍が期待できる女優さんでもあるのです。

そんな満島ひかりさんは、実は1997年に7人組ユニット『Folder満島ひかり Folder 』でアーティストデビューしているので、芸歴はかなり長い(なんと25年)のです。

女優としての姿しか見たことがない人も意外と多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな『満島ひかりのこれまでの経歴や女優としての凄さ』について解説していきたいと思います。




満島ひかりさんのプロフィール

PR TIMESより

生年月日:1985年11月30日(36歳)

身長:162㎝

血液型:A型

出身地:鹿児島県鹿児島市/沖縄県沖縄市

所属事務所:フリーランス

代表作:ドラマ『モテキ満島ひかり モテキ 』『Woman満島ひかり Woman 』『ド根性ガエル満島ひかり ド根性ガエル 』『カルテット満島ひかり カルテット 』『監獄のお姫様満島ひかり 監獄のお姫様 』『未来への10カウント満島ひかり 未来への10カウント 』など
映画『プライド満島ひかり プライド 』『川の底からこんにちは満島ひかり 川の底からこんにちは 』『悪人満島ひかり 悪人 』『北のカナリアたち満島ひかり 北のカナリアたち 』『駆け込み女と駆け出し男満島ひかり 駆け込み女と駆け出し男 』『愚行録満島ひかり 愚行録 』など
舞台『100万回生きたねこ満島ひかり 100万回生きたねこ 』『ハムレット満島ひかり ハムレット 』『かもめ満島ひかり かもめ 』など
声優作品『ONE PIECE FILM GOLD満島ひかり ONE PIECE FILM GOLD 』カリーナ役『メアリと魔女の花満島ひかり メアリと魔女の花 』赤毛の魔女役

俳優の満島真之介満島ひかり 満島真之介 さんや元バスケットボール選手の満島光太郎満島ひかり 満島光太郎 さんはともに満島ひかりさんの弟で、モデルとして活躍する満島みなみさんは妹です。




「Folder」&「Folder5」時代

冒頭でも挙げた通り、満島ひかりさんは、7人組ユニット「Folder満島ひかり Folder 」としてアーティストデビューしています。

安室奈美恵さんやSPEEDなど当時圧倒的な人気を誇った「沖縄アクターズスクール」出身のアーティストということで、当時はかなり話題になりました。

実はこの頃には、映画『モスラ2 海底の大決戦満島ひかり モスラ2 海底の大決戦 』に子役として出演しているので、演技を始めたのもかなり早かったのです。

このFolder満島ひかり Folder 三浦大知には、今現在もトップアーティストとして活躍している三浦大知さんもメインボーカルとして所属していました。(DAICHI名義)

三浦大知さんと満島ひかりさんがかつて一緒のグループだったのは、かなり意外ですよね。

その後三浦大知さんはソロで活動し始め、もう1人の男性メンバーを除いた5人の女性メンバーで「Folder5満島ひかり Folder5 」を結成します。

Folder5満島ひかり Folder5 」では、アニメ『ONE PIECE満島ひかり ONE PIECE 』のオープニング曲である『Belive満島ひかり Belive 』といったヒット曲を世に出すなど、人気も知名度もかなりのものでした。

正式に解散という発表はなかったものの、2003年頃にグループとしての活動を休止しました。




女優時代

満島さんが本格的にアーティストから女優に転身したのは、2005年辺りからでした。(当時19歳)

ドラマ『ウルトラマンマックス満島ひかり ウルトラマンマックス 』や『ダンドリ娘満島ひかり ダンドリ娘 』『紅の紋章満島ひかり 紅の紋章 』、映画『デスノート満島ひかり デスノート 』『エクステ満島ひかり エクステ 』などで演技の経験を積んでいくと、映画『僕の彼女とその彼氏満島ひかり 僕の彼女とその彼氏 』で初主演となり、めきめきと実力を付けていきます。

2012年には第36回、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞満島ひかり 日本アカデミー賞優秀助演女優賞 を受賞。

他にも様々な女優賞を受賞してきています。

女優としての凄さ

満島ひかりさんは、女優に転身してすぐに成功したわけではありません。

愛のむきだし満島ひかり 愛のむきだし 』で園子温監督から厳しい指導を受け一気にその才能が開花していきました。

最終的には園子温監督に「もはや狂気とも呼べる領域に達した」と言わしめたのです。

さらには、2015年には演劇界の巨匠であった、故・蜷川幸雄氏が演出する『ハムレット満島ひかり ハムレット 』に出演。

その女優としての実力をさらに押し上げていったのです。

演技力の高さは同世代の女優の中でもトップクラスであり、特に芯の強い役は圧倒的な存在感を見せます。

しかし、「UQモバイル満島ひかり UQモバイル」のCMで見せるようなコメディータッチの演技もそつなくこなすなど、演技の幅の広さも魅力となっています。




現在は音楽活動も並行して行っている

2015年頃からは、再び音楽活動も少しずつ行っています。

ドラマ『カルテット満島ひかり カルテット 』の主題歌『おとなの掟満島ひかり おとなの掟 』の歌唱に加わったり、音楽番組やライブにも出演する機会も増えています。

2018年2月には、三浦大知さんの武道館ライブにサプライズゲスト満島ひかり 三浦大知さんの武道館ライブにサプライズゲストとして出演し、三浦大知さんと『NOW AND FOREVER満島ひかり NOW AND FOREVER 』を歌唱しました。

演技と同様に歌でも感情を表現する能力が非常に高く、聴く人の心を揺さぶるのです。

まとめ

今回は、「満島ひかりのこれまでの経歴や女優としての凄さ」について解説してきました。

36歳(2022年7月現在)となる満島ひかりさんは、同年代の女優さんの中でもトップクラスの実力を持っています。

これまでもその高い演技力で数々の話題の作品に出演していますが、今後もさらに飛躍していく可能性が高いと言えるでしょう。

ぜひ満島ひかりさんの今後の出演作に注目してみてはいかがでしょうか?