【面白い雑学】知って得するサーチ

脳を傷つける可能性のある悪い習慣・良い習慣

time 2017/04/22

脳を傷つける可能性のある悪い習慣・良い習慣

脳を傷つける可能性のある悪い習慣
脳の疲れなどを意識したことありますか?
脳は人の行動や思考・感情などを司った大切な部分です。
その大切な脳を傷つけないように以下に注意して、脳に良い習慣を身につけましょう・

sponsored link

睡眠不足

脳を傷つける可能性のある悪い習慣
睡眠不足は、アルツハイマー病を含む痴呆の原因になっていると言われています。
電子機器(スマホ・タブレット等)を寝ながら行うと寝つきも悪く、眠りも浅くなります。
睡眠は脳や身体の回復で一番大切な事ですので、睡眠を大切にしましょう。
また、人によって睡眠時間は違うので、自分に合った睡眠時間を決めて、それを常に保つことが脳の健康や活性化に繋がります。
決まった時間の睡眠を脳に与え、生き生きとした脳を保ちましょう。

良い睡眠

孤独

孤独
人は、社会的な接触が自律神経の刺激に良いといわれています。
自律神経も2種類に分かれますが、動く際の交感神経、休む際の副交感神経のバランスは、社交的に人同士が触れ合うことで、楽しさや悲しさ・悔しさなどの感情の動きが、自律神経と脳を刺激して活性化されます。
決してSNSなどでの交流ではなく、人と人の交流です。
友人や家族などから始まり、できるだけ多くの人との交流に努めましょう。

社会的な接触が自律神経の刺激

脳に悪い食べ物

脳に悪い食べ物
ハンバーガー、フライドポテト、ポテトチップスなどのジャンクフードと呼ばれるものはなるべく避けて下さい。
ジャンクフードは、学習、記憶、精神的健康につながる脳の部分を小さくしていく事が知られています。
逆に、果実、全粒粉、ナッツ、緑色の葉野菜は、脳の機能を維持し、精神的衰退を遅らせます。
噛むダイエットなどでも、噛むことで脳に刺激を送りますので、噛む回数が多いナッツ類が特に脳を活性化します。
是非、柔らかい食べ物よりも、上記のような「噛む」ことで健康に良い食べ物を好きになって下さい。
脳に良い食べ物

音量に注意

音量に注意
ヘッドフォンやイヤフォンなどで何かを聞く場合には、音量に注意しましょう。
音を大音量で聞くと、30分で聴覚に損傷を与えます。
さらに高齢者の聴力損失は、アルツハイマーや脳組織の喪失などの脳の問題に関連しています。
大音量で聞いていると、脳が周りのことを理解するのが難しくなってくるので、物忘れに繋がってしまいます。
ヘッドフォンやイヤフォンを使う場合には、60%ほどの音量にしましょう。

軽い散歩は脳に特に良い

脳に良い習慣
定期的に運動をすることは糖尿病や心臓病・高血圧などの予防にもなりますが、脳に対しても良い事です
マラソンをするという事ではなく、軽い散歩で良いので、週に3回ぐらいを行うことが脳の良い刺激になります。

禁煙

禁煙(脱たばこ)
たばこは脳を委縮させてしまう事がわかっています。
特にたばこの中のタールや一酸化炭素が原因と言われていますが、心臓病、糖尿病、脳卒中、および高血圧を引き起こす原因にもなっています。
是非、禁煙(脱たばこ)をおススメします。

腹八分目

腹八分目
身体に良い食べ物であっても、それをたくさん食べるというわけではなく、常に腹八分目が脳に良いとされています。食べすぎでの体重超過は健康にもよくありませんので、健康のためにもよく噛み、常に腹八分目を意識しましょう。

太陽の光を浴びましょう

太陽の光
人は長期間自然な光を浴びない場合に、うつ病になる危険があるといいます。
日光は、脳の活性化を促すことがわかっています。
人は本来、夜寝て朝起きるのですが、どうしても仕事の都合で昼夜は逆の方は、休みの日に太陽の光を少しの時間でも「浴びる」ようにしてください。脳も体も元気になります。
太陽の光(紫外線)を浴びることで、身体にビタミンD(活性型ビタミンD)が作られます。
ビタミンDは骨の健康を保つのに働きますが、最近では免疫の強化やガンや生活習慣病予防にも効果が期待できるとされています。

sponsored link



sponsored link