運が良いと運が悪いとか

スポンサーリンク




運が良い人悪い人

運が良いとか悪いとかについての記事を見かけました。
表裏一体昔の事ですが、福の神と貧乏神は表裏一体という話を聞いたことがあります。自分は運が良いといつも思っている人は、良い事ばかりが印象に残り、悪いことは忘れてしまうらしいのです。
逆に運が悪い人は、悪い事ばかりが気になり、自分は運が悪いと思い込むとの事です。
そこで必然と運が良いと思い込む人は笑顔で毎日を暮らし、運が悪いと思い込む人は、暗い表情で毎日を過ごすことになるのです。
その結果、いつも笑顔の人の所に人が集まり、暗い表情の人の所には人が集まりません。
「笑う門には福来る」などのように、いつも笑顔でいることにより、良いことに目を向けるようになりたいものです。苦あれば楽ありそこで、ちょっと似たような言葉で、「苦あれば楽あり」という言葉が私は好きです。
仕事・出産・スポーツなど、苦しんで、苦しんで、その後に頑張って良かったと思うことがあります。
「苦あれば楽あり」

スポンサーリンク